LINEモバイルを捨てて乗り換えを決意した3つの理由

LINEモバイルを捨てて乗り換えを決意した3つの理由

はじめに

このほど長らく使い続けてきたLINEモバイルを解約し、別の回線に乗り換えました。
SNSフリーというただ1つの利点のためにこれまで長らく我慢してきましたが、遂に耐えられなくなりまして。
正直SNSフリーは、かなり画期的なサービスだと思います……正確には、かなり画期的なサービス「だった」と。
SNSフリーは先日改悪されたので、あくまで改悪前に契約をしていた方々にとっては、という限定です。
ただ、そのSNSフリーというメリットを捨ててでも他社に解約を決意したのには、幾つかの理由があります。
そこで、LINEモバイルを解約したい、と私に思わせた要因を紹介します。

1点目:回線速度

1つ目の理由は、LINEモバイルの回線速度の遅さです。
これは、MVNO回線だと正直致し方ない側面もあるでしょう。
実際、MVNO回線の中では、LINEモバイルは速度が出る方、と実際に言われていました。
……ただ、それでも一般回線に比べると遅い。
仕事用のスマートフォンを持っている方なんかは、速度の違いをはっきりと感じられるのではないでしょうか?
お昼休みにLINEモバイルの速度が遅く使用に耐えないと感じる、その一方で仕事用のスマートフォンは十分な速度が出る。
LINEモバイルに限った話ではなく、あまねくMVNO回線に共通の話だとは思いますが、MVNO回線は料金の安さに応じて、やはり速度が遅いです。
まず、それに耐えられなくなりました。
MVNO回線が流行り始めてもうかなりの時間が経ちますが、私の周りにもMVNO回線の遅さに耐えられず回線を変更する人がちらほらいます。
かくいう私も、今回脱MVNOを果たしました……料金は多少上がりましたけど、通信速度も格段に上がりました。
回線速度の遅さによって無駄になる時間が多少のお金を払うことで解決できるのなら、という考え方もありだと思います。

2点目:速度制限

2つ目の理由は、LINEモバイルが頻繁に速度制限を行うことです。
現在LINEモバイルを使用されている方の中にも、この速度制限に困っている方は多いのではないでしょうか?
突然インターネットがまともに使用できなくなった、LINEのやり取りが辛うじて出来るだけで他のことは何もできない、と。
速度制限がされているかどうかは、LINEモバイルのマイページを見ればすぐに分かります。
……ただ、速度制限が判明しても私たち利用者に出来ることは何もありません、ただ解除される 夜 12 時まで、スマホを使用せず待つことだけです。
SNSフリーを謳っていても、速度制限下ではSNSも使用することは出来ません。
しかも困ったことに、速度制限が掛けられていることはすぐに分かるのに、どうして速度制限が掛けられたかは一向に分からないのです。
オペレータに問合せをしても無駄です。
そもそも、オペレータは委託業者らしく、回線を提供している会社からは何も情報が与えられず、速度制限の詳細な条件さえ明かされていないとのこと。
速度制限が掛けられるような使用をした私が悪いのでは、そう思う方もいるかもしれません。
ただ、実際に速度制限を掛けられても仕方ないような使用をしていたのかと言うと、必ずしもそういう訳ではないのです。
理由の分からない速度制限に悩まされることが多く、大変なストレスでした。
この理不尽な速度制限から解放されるのなら、という思いはLINEモバイルを解約した理由の中でもかなり大きいです。

3点目:キャッシュレス支払

3つ目の理由はあまり直接的ではないのですが、キャッシュレス決済との兼ね合いです。
LINEとか関わりのあるキャッシュレス決済と言えば、やはりLINEペイだと思いますが、このLINEペイが私にはあまり魅力的に思えないのです。
PayPay、d払い、メルペイ……その他のキャッシュレス決済があんなにも魅力的なのに、です。
また、これらのPayPayならソフトバンク系列、d払いならDoCoMo系列の回線と、とても相性が良いですよね。
携帯料金の支払いカードでチャージが出来るために、クレジットカードを紐づけたキャッシュレス決済よりも、遥かに多くの特典が受けられます。
また、キャッシュレス決済は日常的に使用することも多いため、ここで得られるメリットは月1回の携帯料金の支払いに比べると、インパクトが大きいんですよね。
LINEモバイルは、確かに料金だけを見ると割安ですけど、日常決済の場面でメリットが感じられなかったのも、私を解約に駆り立てました。

むすび

以上が、私がLINEモバイルの解約を決めた理由です。
で、結局どこの回線にしたのよ?
はい、私はY!Mobileにしました。
Y!MobileはMVNOではないので回線速度も十分、速度制限も規約に記載の条件に引っ掛からない限りは掛かりませんので、LINEモバイルのような理不尽な速度制限もありません。
また、上限はありますが携帯料金の支払いをするカードでPayPayにチャージをすることも出来るので、日常決済でもかなりメリットがあります。
SNSフリーは確かに魅力的ではありますが、もし↑のような不満を抱えているのであれば、解約を検討しても良いのではないでしょうか。

z. 徒然カテゴリの最新記事