映画『クレヨンしんちゃん』に学ぶデキる人の生き様とは

映画『クレヨンしんちゃん』に学ぶデキる人の生き様とは

はじめに

春から夏にかけて、多くのアニメ映画が次々とロードショーされます。

そんな中でも代表的なアニメ映画と言えば、

・名探偵コナン

・ドラえもん

・クレヨンしんちゃん

あたりではないでしょうか?

この中から、特筆したいのは『クレヨンしんちゃん』

です。

このアニメ映画には、デキるビジネスマンを目指す私が、見習いたいと思うエッセンスがいくつかあるのです。

一見して認識できること

まず1つ目の見習うべきポイントとしては、その「作画」です。

私が行きつけのカフェからは、映画の予告が絶えず流されるスクリーンを窓越しに眺めることが出来ます。

名探偵コナン、ドラえもん、ポケットモンスターなどなど・・・・・・

アニメ映画を含めて、様々な映画の予告が絶えず流れています。

そんなスクリーンを何気なく眺めた際に、クレヨンしんちゃんだけは一見して、

「あっ、これはクレヨンしんちゃんの映画だ。」

と分かるんですよね。

もちろんキャラクターが画面に登場しているから、ではありませんよ?笑

何と言うか、クレヨンしんちゃんの映画には独特の作画・画風がありますよね。

他のアニメ映画にはない、独自性とも言いかえられそうな絵柄の個性があります。

つまり、1つ目の見習いポイントは、

・ひと目見て誰の仕事か分かる仕事をする。

奇をてらえ、と言っているわけではありません。

ほんのちょっとしたポイントで良いのだと思います。

資料の体裁だとか、ちょっとしたワンポイントだとか。

他人に分かってもらう必要さえないのかもしれません、自分が過去の自分の仕事を見て、

「あっ、これは確かに自分の仕事だ。」

と分かるような仕事をすべき。

そんなふうに思います。

やる時はやる

2つ目の見習いたいポイントは、映画の内容についてです。

アニメのクレヨンしんちゃん、映画のクレヨンしんちゃん、誰しも1作くらいは見たことがありますよね?

普段はオトボケの主人公が、映画になると大事件に巻き込まれ、それを果敢に乗り越えていきます。

つまり、

「やる時はやる。」

これです。

これは意外にも、他のアニメ映画には見られない特徴のように思います。

例えば名探偵コナンは、映画でなくても常に持ち前の推理力を発揮して、どんどんと難事件を解決しています。

ドラえもんだって、基本的には映画でなくても人助けに勤しんでいます。

クレヨンしんちゃんだけは、普段はバカなことばっかりしているのに、映画という舞台に上がると急に活躍を始めるのです。

つまり、2つ目の見習いポイントは、

・ここぞという場面では最高の仕事をする。

普段はおちゃらけていて良いと言っているわけではありませんよ?

ただ、ここぞという場面で、普段と同じ程度の仕事をしていたらいけない、ということです。

また、大きな舞台で頑張るのは当たり前、クレヨンしんちゃんのように外さず必ず活躍しないといけません。

ビジネスの場面で、「とても頑張ったんですけど・・・・・・」みたいな過程は、建前上はどうであれあまり評価されませんしね。

常日頃から仲間を大事に

最後の見習いポイントは、クレヨンしんちゃんに限らないかもしれません。

ドラえもんも、どちらかと言うとこれに近しいような気がします。

つまり、

・普段から仲間を大事にしていれば、大舞台ではきっと助けてくれる。

ということ。

クレヨンしんちゃんって、両親や友達が映画になると大いに助けてくれるんですよね。

それも、日々の関係性があるから、ということなんだと思います。

何も常に媚を売りましょう、と言っているわけではなく、一定の関係があればピンチになっても頼るアテがある、ということです。

・・・・・・いつか助けて欲しいから、と打算的に関係を築くのもどうかと思いますけどね。

ただ、勘違いして欲しくないのは、ピンチになれば「必ず」助けてくれる・・・・・・わけではない、ということ。

助けてくれることもあるよね、くらいに考えるのがきっと精神衛生的にも良いんでしょう。

むすび

3つ、映画クレヨンしんちゃんから見習いたい所を挙げました。

・一見して分かる個性を発揮する。

・やらなければならない場面で必ずやる。

・日頃から他人と一定の関係性を築く。

言われてみれば、当たり前のことばかりだな、と。

ただ、意識して全て出来ているかと言えば、特に「個性を発揮する」なんて、世間一般ではよく言われるものの、実際は出来ていませんよね。

そして、たぶんこの辺りって意識しないと出来ないものなんですよね。

アニメ映画とバカにすることなかれ、子供向けのアニメからでも学ぶべきポイントはあるんです。

a. マインドカテゴリの最新記事